http://membrane.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
糞(クソ)と名付けられた人について
松尾芭蕉に「あこくその心も知らず梅の花」という歌があります。
このなかの「あこくそ」というのは紀貫之の幼名といわれている「阿古久曾」のこと。

古今和歌集にはそのままずばりのクソという名前の女性が登場します。
従兄弟なりける男によそへて、人の言ひければ
   屎
よそながら我が身に糸のよると言へばただ偽りに過ぐばかりなり

このように日本には名前に屎(クソ)と名付けられた人々がいました。そのすべてをあげるのは面倒なので、「古今黄金譚」という本をご覧ください。

幼名にこのような不潔な名前をつけるのは悪鬼に魅いられないようにというのは有名な話で、古今黄金譚に引用されている李家正文によると「あまりに美しいものは、なにか知ら魔がさして、この世に生きてゆくことができないといふような考えが、平安時代の人々から一般に信じられていた」ということのようです。
またこれは確実なところではないんですが、昔の人名につけられた「麻呂」、「麿」、「丸」も、もとは「糞」を意味していたという話もあります。このあたりはおまるの語源ともなんらかの関連がありそうなんですがよくわかりません。

こういった不浄なものを名前につけるということ以外に、形式的に子供を捨てて、そして拾ったということにすることもありました。この厄除けで有名なのが豊臣秀吉で、淀君との間にできた最初の子供は「棄丸」という名前。この棄丸が夭逝した後に生まれた
秀頼の幼名は「拾」と名付けられていたとのこと。

むはしは「七歳までは神のうち」なんていったように乳幼児の死亡率の高さゆえこういった名付けが行われていたわけなんですが、この幼名は親がつけるものだから美名じゃないことも多いわけで、そのため元服時などで幼名から脱していたわけです。まあ幼名とか字なとか諱とか名前がたくさんあるのはややこしそうですけどね、親が決めた名前を一生背負うっていうのも結構酷な場合もあったりするんでなんともいえませんが。
Notes comments(0) trackbacks(0)
セックスって人間の本能ではないらしい。
サルにオナニーを教えると死ぬまでやり続けるという都市伝説がありますが、これって教えなければサルはオナニーをしないってことになりますよね。でも実は人間もやりかたを知らなければオナニーもセックスもできないらしいのですよ。

まずはハリー・ハーロウの「愛のなりたち」って本によると、群れから隔離されたサルはセックスができないって研究結果がのってます。

この結果からはオスもメスも隔離されてしまうとちゃんとエッチができる割合が減少しています。特にオスの方が絶望的です。

オスの方がセックスのとき能動的に動かなければいけないからやり方を知らないってのはおさるさんでも致命的なんですね。だから人間の場合でも昔は年上の女性に筆卸の儀式なんてのを受けていたんでしょう。
逆に言えば性的欲望の対象も本能からだけではなく社会的に学習した結果なのかもしれませんね。とくに現在からは異様に見える戦国時代の大名や古代ギリシャの人々の同性愛や両刀使いというのもそういった環境を抜きには考えられませんが。

それでは人間場合にオナニーはどうかというと、これも教えられないとできないらしいです。でも人間は社会から隔離して育てるわけにはいかないので、有名なアヴァロンの野生児がどうだったのか、イタール博士の報告から見てみます。

ただ、彼が他の欲求と同様に充たされることを望んでいるこの欲求を私が教え、その結果不品行へと導くことを恐れなかったなら、私はこの実験を行っただろう。

ということで、イタール博士はオナニーの仕方を教えなかったために彼はやり方を知らないまま40歳の人生を終えてしまいました。
はたしてこの判断は正しかったのかなかなか難しいところですが。

でもやり方は知らなくても性衝動は発現してしまうので、現代でも問題が生じる場合があるようですね。とくに定型化したやり方でなくては異常に見られてしまったり。
「幼女のマスターベーションは正常な行為」という記事によると「paroxysmal dystonic posturing(発作性ジストニー姿勢)」と診断された幼女達のケースを再調査した結果、診断のもととなった異常な動作の多くは幼児的マスターベーションが原因だったりしたようです。

では誰が人間にセックスの仕方を教えたのかといえば、日本の場合だとセキレイという鳥の交尾をまねて初めてのセックスをしたりしています。神話とはいえ、キリスト教と比べるとおおらかな話だと思うんですがいかがでしょうか。

ちなみにサルは人間に教わらなくても自慰行為をすることがあります。人間のやり方とは違いますが。でもまあ発情期の犬だってマットレスとかにこすりつけたりするのは自慰行為と言えるので、オナニーは別に人間の特権というわけではないんですが。
Notes comments(0) trackbacks(1)
つけぼくろの意味について。
むかし借りた「バリー・リンドン」という映画はおしろいの上にいくつものつけぼくろがあまりのインパクトでいまだに脳裏をよぎります。内容はほとんど覚えていませんが。

このつけぼくろは18世紀のヨーロッパでほんとに流行していたというのがちょっと驚き。流行の理由としては肌の白さ(実際はおしろいの白さ)をコントラストとして際立たせるとかシミを隠すとかという実際的なところから始まったものですが、流行することによってほくろをつけている場所がメッセージをあらわすようになったりしています。
下唇の下につけたほくろは慎みの意味を表したり、笑い皺の上につけていたら陽気であることを、唇の上ならキスの許しを表したりと。
イギリスではほくろの位置で支持する政党を表したりしています。
こういったほくろ言葉は扇ことばとおなじく、感情を表すのでわかりやすいというのか面倒くさいというのか。でも現在でも中国では切手の貼り方でメッセージを伝えたりしていますので、人間というのは変わらないものなんだなとふと遠くを眺めてみるふりをしています。
Notes comments(0) trackbacks(0)
洗濯機の罠
「アンアンアン〜るんるん
  とってもいたいよ〜初体験」と、近所の小学生がドラえもんの替え歌を歌っていた。

ようやく引っ越しが一段落ついて落ち着いたところなんですが、ちょっとしたトラブルでいろいろ試行錯誤していた結果ほんとにようやくなんとか生活できるレベルにまでなったんです。なんといっても借りた部屋に洗濯機置き場がないということをまったく忘れていた結果、洗濯をどうしようかとあれこれと。

結局なんとか部屋に置くことにしたんですが、ユニットバスの排水口へ水を抜くために洗濯機を底上げしなくちゃいけなかった。その結果がこれなんですが。

なんだか今にも倒れそうですが、なんとか持ちこたえてます。

で、実際運転してみたら水道の蛇口に逆流防止弁っていうのがついていないらしく、洗濯機の給水が止まるたびに延長ホースと蛇口の接続から水が噴き出しちゃう。

全自動洗濯機なのに手動で水の出し止めをしなければならず、つきっきりで様子をうかがいながら切なく洗濯をすることで決着したのでした。
Notes comments(0) trackbacks(4)
左利きと武士について。
他人のパソコンを使う時マウスの調子がおかしい、と思ったら左利き設定になっていた。本人は右利きなのになんで?と思っていたらどうも左利きに憧れているらしい。

子供のころ左利きの子が習字で苦労していたのを見てた(習字は左手で書くのは大変らしい)から無責任にあこがれるのはなんか失礼ではないかと思うのだが。
それはともかく左利きの歴史研究は今のところまとまったものがないのも困ったところ。

レオナルド・ダ・ヴィンチが左利きだったのは有名ですが、日本で左利きだった有名人が知られていないのは書字の問題が大きかったのではないかと思います。おそらく相当数がこれで矯正されたのではないかと。

でも逆に格闘技やスポーツでは左利きが有利だというのはよく言われます。ボクシングのサウスポーとか。
とすると昔の武士も左利きが有利だったのではないかと思うのですが、実際のところはよくわかりません。しかしエワート・オークショット氏によると西洋の騎士は左利きの人でも右手を使うように訓練されていたようです。騎士が馬上槍試合を行う場合は定まった規則に従う必要があり、馬の調教から武具、ルールまで右利き用に定められていたから左利きというのはかなりのハンデになっていたはず。実際1966年に左利きであることを挑発されて馬上槍試合を行った男性が大怪我をしたりもしています。

ただ日本の武士の他流試合では型を崩すことで有利になることもあるはずなので、左利きが必ずしも不利だったとはいえないはずですがこういうの研究した本がないのはなんででしょうね。
Notes comments(0) trackbacks(7)
<< | 2/20 | >>