http://membrane.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
火傷したときアロエを貼るのは・・
民間療法というんでしょうか、火傷したときに切ったアロエを貼ったりすりつぶしたのを塗ったりすることがあります。うちの母親もやっていましたが。

でも火傷にアロエを貼るのはあまり好ましい治療法ではなさそうです。
アロエが好ましくないとされる理由は以下の2点。
・家庭のアロエは無菌状態で栽培されていないから感染症を引き起こす可能性がある。
・あまり知られていないけどアロエでアレルギーを起こす人がいる。

火傷はよく知られているように皮膚損傷の深さによって1度・2度・3度と区分されていて、2度以上は水ぶくれを発生させたり表皮が損傷していたりします。そんな状態の皮膚にアロエなんて貼ったりしたら感染症を起こしてよけいに悪化させてしまうということらしいです。

なので、症状がひどい場合には軟膏などは塗らず、水で冷やして病院へ行く。水ぶくれは潰さない。

程度にもよりますが、軽い火傷では感染症をおこさなければ痕を残さずに治ってしまうようです。

つまり、1度の火傷であればアロエを貼っても貼らなくてもきれいに治ってしまうということになってしまうんですねこれが。
Notes comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://membrane.jugem.jp/trackback/169
<< NEW | TOP | OLD>>