http://membrane.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Mac版ダンジョンシージ体験記 2
Mac版ダンジョンシージをやってみた。 の続き。

ようやく各種ボタンの意味を理解して、待ち伏せ攻撃ができるようになってきました。おかげで死亡確率は激減。
いままではわけも解らずロバまでも前線についてきて待ち伏せタコなぐりで悲しい思いを何度したことか。

説明書読めばよかったのに。

しかし油断してるといまだにタコなぐりの全滅パターンが引き起こされているんですが。
日本のRPGでは敵と出会うとコマンド選択で体制を立て直せるのに、これは待ったなし。

実世界でもタコ殴りされたことがないのにゲームで人生の厳しさを味わされるなんてなんか不条理だ。

アメリカの大学のディスカッションではうかつな発言をすると集中攻撃を食らうという。準備なしの行き当たりばったりでは生き残れないという自己責任の世界。

自己責任。

なんていやな言葉だ。
さすがアメリカのゲームだ。
そして自己責任のもとでいつか見た同じ悪夢を繰り返す。

助けてくれっっ。


でもうまく待ち伏せできるとなかなか楽しかったりするので、いまだになかなか止められなかったりするのですが。
Mac comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://membrane.jugem.jp/trackback/164
<< NEW | TOP | OLD>>