http://membrane.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
血液型の雑学集。
いままで載せてきた中でそれだけで独立させるのはちょっと、というものを集めました。

内容は
・Rh型の語源はサルからとられた。
・血液型は変わることがある 。
・民族による血液型の偏在について。
・血液型不適合妊娠について。
続きを読む >>
血液型。 comments(1) trackbacks(0)
O型の両親からA型の子供が生まれる?血液型の例外事例について。
一般に血液型は親子関係を証明するものと捉えられていますが。
もしO型の両親からA型の子供が生まれたりした場合には、「俺の子供じゃないぞ」なんて不倫を疑ったりして。

でも最近は、血液型は必ずしもメンデルの法則にあてはまるわけではないことがわかってきています。実際にO型の両親からA型の子供が生まれる場合だってあります。まあまれですが。

そこで今回は親子における血液型の例外事例についてまとめてみました。
続きを読む >>
血液型。 comments(39) trackbacks(5)
血液型の「O型」は存在しなかった?
血液型発見の歴史について。で簡単にまとめてますが、1901年にカール・ランドシュタイナーが血液に型があることを発見しました。

ただそのときから「O型」という名称が決定するまでいろいろな経緯があったんです。

まあ一言で言えば「O型」という血液型はなかったんですね。
続きを読む >>
血液型。 comments(1) trackbacks(0)
黄色い血について。
別に黄色い血を流す生物がいる、なんてことではなくて人間の血が黄色くなってしまうことがあるようです。

なぜ人間の血が黄色くなるのかというと、赤血球が足りなくなるから。
なぜ赤血球が足りなくなるのかというと、血を売っているから。

ということで、売血について。
続きを読む >>
血液型。 comments(0) trackbacks(0)
血液型発見の歴史について。
血液型に関しては占いやら何やら書きたいことはいろいろとありますけど、とりあえず今日は血液型発見の経緯について。

それにしてもJUGEMさんちょっと重すぎ。なんとかならないものなのかね。
続きを読む >>
血液型。 comments(0) trackbacks(1)
| 1/1 |