http://membrane.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ジェフ・ベックの「ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ」
ジェフ・ベックの「ライヴ・アット・ロニー・スコッツ・クラヴ」、先にコンサート見たこともあって購入してみました。

音楽DVDは見続ける必要がないのでいいんですよ。レッド・ツェッペリンのとかお気に入りなんですが、これもよかった。60歳を超えているのに、楽しそうに演奏しているのがなかなか。

面白い番組がないときには流しっぱなしにしている今日この頃。。
Movie・DVD comments(0) -
映画「ウォッチメン」を観てきた。
 年度末は忙しくて大変だったけど、これからは楽になるといいなと。
とりあえずヒマができたので映画を見に行ったのです。

この「ウォッチメン」。。社会に受け入れられなくなるヒーローってまるでMr.インクレディブルじゃないかと思ったらストーリーも似てた。。

とりあえずこちらは暗くて重い。残虐なシーンも多くR-15指定なわけだと納得。

ただまあ、背中に侍って書かれた革ジャン着ているチョンマゲ結ったストリートギャングが出てきたりappleの1984のcmが流れていたりとか、どこかで見たことあるような映像や場面を楽しむ?そんな映画だったのではなかろうかとふと思った。

とりあえず、客はとても少なかった。。
Movie・DVD comments(0) -
映画「容疑者Xの献身」を観てきました。
人につれられて「容疑者Xの献身」を観に行ってきました。
テレビドラマの映画化ってことで元のドラマを見ていないから無駄金になるかな、なんて思ってましたが話に置いてかれてしまうということはなかったです。でもそのぶんテレビドラマのファンには物足りないらしく、観たがってた本人は「損したっ!」て騒いでましたが。

確かに探偵ものとしてはオーソドックスなものでしたが、出勤簿を見た時点でトリックがわかってしまって。謎解きとしてはフェアといえばそうなんですが、推理より人間関係に焦点を当てているからなんでしょうけど感想としてはなにか物足りないというのが正直なところですね。
Movie・DVD comments(0) -
映画「クワイエットルームにようこそ」を観てきた。
JUGEMテーマ:映画


久しぶりに映画観たな。そして内田有紀も久しぶりでした。
隔離病棟への強制入院というのが導入でしたが、精神病院の不条理さがテーマではありません。見終わった後の爽快感もなく下品なギャグもありので、楽しめるかどうかは人を選ぶから彼女と行くときは注意すること。
見終わって無口になった彼女に対して、雰囲気を盛り上げようと努力する彼氏という観客を眺める楽しさもありました。個人的にはけっこう面白かった映画でしたが。
ただ主人公の不幸のパターンが「嫌われ松子の一生」とだぶってしまうのが残念なところ。

個人的な感想としては、彼女に面白さを要求され続ける結婚生活というのはとてもしんどそうだというところが実感として。。。

Movie・DVD comments(0) trackbacks(9)
「硫黄島からの手紙」を見てきました。
不覚にも泣けた。
セクショナリズムと面子にこだわって身勝手な行動をとる部下、そして現場を見捨てる本部(大本営)などと会社員には人ごとではない状況とかも泣けるものがありますが、なにより補給も応援もない孤島で死ぬまで闘わなければならない状況は涙なしには見られません。
続きを読む >>
Movie・DVD comments(0) trackbacks(5)
| 1/7 | >>